プロ野球東京ドームのチケットの買い方は?当日券は?抽選販売は?

© Copyright 2010 CorbisCorporation

プロ野球のチケット購入の方法はいくつかありますが、

東京ドームでの観戦を希望ならジャイアンツの公式ファンクラブG-proからの購入がオススメです。

スポンサーリンク

プロ野球東京ドームのチケットの買い方は?

このG-proですが、会員のコースの種類があり年会費¥4,800かかるプライムメンバー会員と

年会費無料のエンジョイメンバー会員があります。

プライムメンバー会員は色々と特典があるのですが、

なんといってもチケットが優先的に前売りで購入できる事です。

またこの先行販売ですが、有料のプライムメンバーだけでなく

年会費無料のエンジョイメンバーでも一般発売より早く購入する事が可能なんです。

順番としてはプライムメンバー販売 → エンジョイメンバー販売 → 一般販売 となります。

そのため、ジャイアンツ以外のセリーグ球団のファンで都内在住の方は

このG-proの無料会員に登録している方が多くいます。

例えば中日ファンの方は中日が東京ドームで巨人と対戦する時は

このG-proを利用して3塁側の中日応援席をとったりできるからです。

インターネットで「G-pro」と検索してみるとすぐにヒットしてきますし、

会員登録の方法も案内に沿って登録情報を入力していくだけで簡単です。

チケット購入方法も時期を早く受付してくれるだけでチケットぴあ等の購入方法と同じになります。

G-proからの購入も座席指定が可能です。

席によって野球観戦の楽しみ方はかなり変わってきますが、

高くても良いので見やすい席で野球自体を楽しみたいという方は

ネット裏の指定席を購入してみてはいかがでしょうか?

1席¥6,100とちょっと高額ですがやはり見やすさでいえば断然ネット裏が1番です。

プロ野球東京ドームの当日券は?

残念ながらG-proでは当日券の販売は受付していません。

試合前日の20:00までは購入可能ですが、

それ以降でしたらコンビニでの購入か直接球場のチケット売り場での購入になります。

野球観戦当日、初心者の方はどんな服装で行けばいいのか迷いますよね?

もちろん決まりはありませんので、どんな服装でも問題はありません。

球場に到着しますと各球団のユニフォームやTシャツなどを着ている方は半分以上はいらっしゃいます。

ただこのユニフォームも結構高額だったりしますし、

初心者の方はどういったものを買ったらいいか分かりませんよね?

そんな方には橙魂デーの観戦をオススメします。

東京ドームでは月に1~2回橙魂というイベントを開催していています。

来場者全員にオレンジのユニフォームを配布し、東京ドームをオレンジ色で埋め尽くそうという企画です。

チケットも通常の値段で販売していますので、ぜひこの日を狙ってチケットを購入してみてはいかがでしょうか?

G-proのサイトへ行けば橙魂開催日を確認できます。2015年は全部で7回橙魂デーがあるようです。

東京ドームのスタンドがオレンジ色に染まっている光景は圧巻ですよ!

スポンサーリンク

プロ野球東京ドームの抽選販売は?

G-proでのチケット購入方法もいくつかありますが、

その中で1番早くチケットを購入できる方法がプレオーダーという抽選販売の方法です。

一般発売日の22日前に有料会員の抽選販売の受付がスタートします。

その後一般発売日の15日前に無料会員の抽選販売が受付になります。

この抽選販売が終わった後に有料会員のチケット販売がスタートするという順番です。

この抽選販売、一番早くチケットを確保できるメリットはあるのですが

座席指定が出来ないというデメリットがあります。

大まかなブロックの指定をするのみで、座席の指定ができません。

球場のスタンドはかなり狭いですし、真ん中辺りの席になってしまうと

通路まで遠く何人もの人の前をすいませんと言いながら通る事になります。

巨人対阪神戦などはチケットが取りずらいのでどんな席でも良いので見たいという方は

この抽選販売の段階からチャレンジした方が良いと思います。

またこの抽選で外れた場合は先行販売での購入になるのですが、

チケット販売直後はサイトに繋がりにくいほど回線が混みあい繋がった時にはほぼ売り切れという事もよくあります。

巨人対阪神戦のチケットはG-pro会員でもかなり気合を入れないと購入できないチケットですので、

どうしても見たいという方は有料会員への登録をオススメします。

スポンサーリンク