赤ちゃんに日焼け止めは必要?何ヶ月から使える?湿疹がある時は?

© Copyright 2015 Corbis Corporation

日差しが強くなってくると みなさん 紫外線対策のために日焼け止めクリームを使いますよね。

でも、赤ちゃんにはどうでしょう?

同じように 外出すれば紫外線を浴びることになるので 当然 紫外線対策が必要になってきますよね。

しかし、生後間もない赤ちゃんに日焼け止めを塗るって、本当に必要なのでしょうか?

また、何ヶ月になれば日焼け止めを使った紫外線対策ができるのでしょうか?

湿疹が出ている時にも日焼け止めは使うことができるのでしょうか?

スポンサーリンク

赤ちゃんに日焼け止めは必要?

生後2~3ヶ月の赤ちゃんの場合は 日焼け止めを使わなくても紫外線対策は十分にできると思います。

大人の皮膚に比べると 赤ちゃんの皮膚はかなり薄いので なるべくなら日焼け止めのようなクリームは使いたくないですよね。

生後2~3ヶ月の赤ちゃんなら 自分で動き回ることもありませんので、

紫外線が当たらないところで過ごしたり、お散歩など外出する時には 帽子やベビーカーの日除けを使って 直射日光を防ぎましょう。

赤ちゃんに日焼け止めを使うなら何ヶ月から使えばいいの?

赤ちゃんに日焼け止めは必要ない。とは 言っても

真夏に海へ出かけたりする機会があるかもしれません。

そのような時には 日焼け止めが必要になることもありますよね。

出来れば、日焼け止めは 生後6ヶ月過ぎてから使用した方がいいですね。

そして、生後6ヶ月から2才くらいまでは 日焼け止めを塗る回数は 1日1回だけが良いです。

日差しが強いところに出かけない限り、日常生活の中では 日焼け止めを使わなくても紫外線対策はできると思います。

スポンサーリンク

どうしても、日焼け止めが必要な時には

ロート製薬の「ベビーセバメドUVミルク」がおすすめです。

石鹸を使わなくても 水だけで洗い流すことができます。

ベビーセバメド UVミルクはこちら

湿疹がある赤ちゃんに日焼け止めを使ってもいいの?

中には肌が弱い赤ちゃんも多いですよね。

特に 乳幼児の時には 湿疹が出たりすることもよくあります。

こんな時には 日焼け止めは使わないほうがいいですよね。

湿疹がある時は病院で処方されたお薬を塗るだけにしておきましょう。

まとめ

生後間もない赤ちゃんには 日焼け止めは必要ありません。

日焼け止め以外の 紫外線対策をしましょう。

帽子をかぶせたり、ベビーカーでは日除けを上手に利用しましょう。

あとは、日差しが強い時間帯の外出は控えましょう。

しかし、真夏のレジャーに出かける時には日焼け止めが必要になったりします。

そんな場合でも、日焼け止めの使用は 生後6ヶ月を過ぎてからにしましょう。

湿疹がある時は 日焼け止めは使わないで 病院から処方されたお薬だけを塗りましょう。

スポンサーリンク