お盆のお供え物は何を準備すればいいの?きゅうりとなすの意味は?

© Copyright 2014 Corbis Corporation

お盆はご先祖さまの霊が自宅に帰って来る日だと言われています。

ご先祖さまの霊をお迎えし、送り出すまでに お供え物はどんなものを準備すればいいのでしょうか?

また、仏前にお供えするきゅうりとなすにはどのような意味があるのでしょうか?

スポンサーリンク

お盆のお供え物は何を準備すればいいの?

お盆が近づくとお供え物の準備をしなくてはいけませんよね。

しかし、正式なお供え物ってよくわからないですよね。

宗派や 地方によってもお供え物は様々。

お盆の一般的なお供え物をご紹介します。

・ほおずき
・そうめん
・団子
・餅
・きゅうり
・なす
・果物
・マコモ
・故人が好きだったもの

マコモ(ゴザのようなもの)を敷き その上に並べます。

お盆のお供え物のきゅうりの意味は?

お盆のお供え物には どの地方に行ってもきゅうりは欠かせないのではないでしょうか?

きゅうりはウマに例えられ、ご先祖様にウマに乗って早く帰ってきてくださいね。

と、いう意味があります。

お供えする時は きゅうりに爪楊枝や折った割り箸を刺して ウマに見立てます。

お供え物には 季節の野菜を使うことから きゅうりが使われたのでしょう。

スポンサーリンク

お盆のお供え物のなすの意味は?

なすは牛に見立てられます。

自宅に帰ってきたご先祖様に 牛に乗ってゆっくりと帰って下さい。

との意味でお供えされます。

また、一節には ご先祖様はウマに乗って、荷物を牛に乗せて帰る。とも言われています。

沢山のおみやげを抱えて帰るのに 荷物を乗せる牛は必要ですね。

ご先祖さまが帰られた後の家の玄関先に きゅうりとなすの 馬と牛を見かけることがありました。

まとめ

お盆のお供え物は

・ほおずき
・そうめん
・団子
・餅
・きゅうり
・なす
・果物
・マコモ
・故人が好きだったもの

その地方や宗派などにより 多少違うものもあります。

あなたの周りのご親戚の方などに聞いて見るほうがより確実に準備ができますね。

きゅうりは馬に例えられます。

ご先祖さまに 馬に乗って早く帰ってきて下さい。の意味が込められています。

ナスは牛に例えられます。

牛に乗って ゆっくりおかえりください。

との意味です。

お盆は 亡くなったご先祖さまが自宅に帰って来られる日。

ご先祖様への お迎えする気持ちを込めて お盆のお供え物の準備をするのが一番ですよね。

スポンサーリンク