シミを薄くする方法は?隠す化粧品は?予防法は?

© Copyright 2010 CorbisCorporation

ふと鏡を見た瞬間に 「シミが目立ってる!」と思ったことはありませんか?

毎日 子どもと外で遊ぶ機会も増え、知らぬ間に紫外線を浴びていたんですね。

目立ってきたシミを お金をなるべくかけずに薄くする方法、目立たないように隠す化粧品、今後の為にシミの予防法についてご紹介します。

スポンサーリンク

シミを薄くする方法は?

出来てしまったにシミは 残念ながら 完全に無くす方法はありません。

シミは 紫外線から肌を守るために作られたものなのです。

全く紫外線を浴びなければ シミも出来ないはずですが、日常生活を送る上で避けて通れないですよね。

そこで、できてしまったシミを少しでも薄くしたいですよね。

でも、シミを薄くするには シミ専用の化粧品やレーザー治療などがありますが、高価で簡単にだれでもできるわけではありませんよね。

シミを薄くする方法には ビタミンCをたくさん摂るといいですよ。

ビタミンCは ハイチオールCやハイシーホワイト2が簡単に購入でき、ハイチオールCならそんなに高くもないですね。

ハイチオールCプラス はこちら

ハイシーホワイト2 はこちら

その他、病院でビタミンCを処方してもらうこともできますよ。

このようなお薬やサプリに抵抗がある方は 食べ物で ビタミンCを摂るといいですね。

人参や 抗酸化作用の高いトマトをジュースにして飲むのもいいでしょう。

シミは長い年月かけてお肌にできるものなので、薄くなるにも同じように長い年月がかかります。

気長に、ビタミンCを摂りながら 美白化粧品を使用するといいでしょう。

シミを隠す化粧品は?

出来てしまったシミは少しでも隠しておきたいですよね。

そんな時には コンシーラーがおすすめです。

目立つシミにコンシーラーを塗ります。

スポンジや指先で軽く叩きながらなじませます。

これで、随分隠せればいいですが、さらに、イエロー系のコントロールカラーを上から塗っておきましょう。

そうすることで、シミの部分が浮きにくくなります。

下準備が出来たら ファンデーションを塗ります。

そのままファンデーションを塗るよりも コンシーラーを使ってからファンデーションを塗ったほうが シミが隠せますよ。

スポンサーリンク

シミが出来ないような予防法は?

一つでもシミがあるということは シミの予備軍がお肌の下で作られているということです。

それら予備軍のシミが表面に現れないように予防することが大事です。

まずは、紫外線を浴びない。

でも、紫外線を浴びないなんて無理ですので、一年中 毎日 日焼け止めを使用します。

紫外線は一年中降り注いでいます。

特に、3月頃から紫外線量は増え、5月から9月が一番高い季節です。

暑くないからといって、紫外線対策をしないで外出するのは危険です。

しっかりと、日焼け止めを塗っておきましょう。

その他、お金をかけないスキンケアの方法として、

玉子料理をする時に 玉子の殻の内側に残った白身の部分を顔に塗ります。

乾いて顔にツッパリ感が出てきたら洗い流します。

もう一つの予防法は 黒酢洗顔です。

そうです!黒酢で顔を洗います。

黒酢は身体にもいいので、毎日少量飲むのもいいですよね。

2~30倍に薄めた玄米黒酢に30秒間顔を付けます。

その後、顔にぴしゃぴしゃとつけて、タオルで軽くふきます。

そのまま、就寝。

お肌の調子が整えば シミもできにくいお肌になりますよ。

まとめ

シミを薄くするには ビタミンCを沢山摂取するといいでしょう。

ハイチオールCやハイシーホワイト2などの錠剤もありますが、人参やトマトなどの野菜からだと添加物の心配がないですよ。

出来てしまったシミを隠す方法は やはり、コンシーラーが一番ですね。

化粧水、乳液、下地クリームの後に シミが目立つ部分に丁寧にコンシーラーを塗っていきます。

その上に イエロー系のコントロールカラーを塗るとさらにいいです。

後は いつものようにファンデーションを塗りましょう。

シミがあるお肌は シミの予備軍が潜んでいます。

表面に出てこないように予防しましょう。

毎日の日焼け止めは必須です。

家にいる日でも 必ず日焼け止めは塗っておきましょう。

その他、玉子の白身パックや黒酢洗顔がおすすめですよ。

いつまでも、シミのないきれいなお肌でいたいものですよね。

日々の努力を頑張りましょう。

スポンサーリンク