防災の日とは?なぜ9月1日なの?

© Copyright 2015 Corbis Corporation

最近のニュースでいえば、鹿児島県は口永良部島の噴火を伝えるニュースがありましたね。
この口永良部島の噴火によって同じ鹿児島県にある世界遺産の屋久島でも被害の報告があるようです。
このような自然災害などは、どの地域で起こっても不思議ではありません。
そこで今回は、防災の日も近いことから、災害から身を守るための防災について考えてみましょう。

スポンサーリンク

防災の日とは?

防災の日とは、国民が広く台風や津波、地震などの災害についての認識を深め、これに対処する心構えを準備することとした日本の記念日ですね。

誰もが一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

そう、あの関東大震災がこの防災の日の始まりだとされています。

大正12年に起こったこの関東大震災では、10万5千人余りが死亡したといわれるマグニチュード7,9の大地震が原因でした。

地震に伴う建物崩壊や強風を伴った火災によって多くの命が犠牲となり、さらには10mを超える津波が相模湾沿岸部などに押し寄せ、さらに多くの命が犠牲となったのです。

日本を襲っ未曾有のこの災害を忘れることなく教訓とするべく制定されたのが防災の日なのです。

防災の日はなぜ9月1日なの?

防災の日といえば9月1日ですが、この防災の日はそもそもどういう経緯で制定されたのかご存知でしょうか?

神奈川県相模湾北西沖80kmを震源としたマグニチュード7,9の大地震が原因で多くの犠牲者を出した関東大震災が起こったのが、大正12年の9月1日11時58分32秒です。

この関東大震災が起こった9月1日は、暦の上では立春から数えて二百十日にあたり、この日は台風襲来の厄日とされると同時に、台風シーズンを迎える時期でもありました。

戦後最大の台風被害とといえば昭和34年に起きた伊勢湾台風があります。

この台風によって死者4,700人、行方不明者401人を被ったことが大きな転機となり、この伊勢湾台風の翌年の昭和35年6月11日の閣議で9月1日を防災の日と定めたのです。

スポンサーリンク

まとめ

災害時の被害を最小限にくいとめるためには、防災訓練などを通じて日頃からの防災意識を高める必要があります。

毎年9月1日の防災の日を中心に、この1週間は防災週間とされていますので、日本各地で防火訓練などが行われていますから、このような防火訓練などにも積極的に参加してはいかがでしょう。

もしもの時に備えて、このような防災訓練の参加と同時に防災グッズの準備や点検、さらには家族で防災について話し合いをするなどして防災の意識を家族で高めるようにしましょう。

スポンサーリンク