大根の葉を使った人気レシピとは?簡単レシピとは?保存のきくレシピとは?

151659

ご近所やお知り合いの方に、おすそ分けで

たくさんの大根をいただいたら嬉しいですね。

しかも、その大根にたくさんの葉がついていたら、

得した気分になり、ますます嬉しくなってしまいます。

しかし、もしかしたら大根の葉なんて、

すぐに捨ててしまう方も中にはいらっしゃるかもしれません。

しかし、大根の葉は、他の緑黄野菜に負けないぐらいの栄養素がいっぱいです。

例えば大根の葉には、ビタミンCや鉄分、そしてカルシウムが含まれているのです。

大根の葉は捨てないで、美味しくいただきましょう。

ここでは、大根の葉を使った人気レシピ、簡単レシピ、

保存がきくレシピをご紹介しています。

スポンサーリンク

大根の葉を使った人気レシピとは

さて、こんなにたくさんの栄養が詰まった葉を使ったレシピは、

どのようなものがあるでしょうか。

大根葉を使った料理で人気があるのは

「大根葉とじゃこの炒め物」

「大根葉の混ぜご飯」

「大根葉と皮のきんぴら」

「大根葉と豚肉の炒め物」

などが人気の高いメニューとなっています。

まず、「大根とじゃこの炒め物」のレシピをご紹介します。

大根の葉は軽く湯がいて水気を切り1㎝巾に切ります。

それをごま油で炒め、じゃことゴマを入れたら味の素と麺つゆで味を調えます。

汁けがなくなるまでよく炒めて下さい。

次に、「大根葉の混ぜご飯」です。

先ほどと同じく、1㎝巾に切った葉を、ツナ缶やじゃこなどと炒め、

しょうゆと酒や、麺つゆで味を整えたら、ご飯と混ぜます。

ごまや梅干しなどを一緒に混ぜると、とても美味しく出来上がります。

「豚肉との炒め物」は、豚肉と大根葉を炒めたら、酒とみりんを大さじ1ずつ、

砂糖と味噌を大さじ2ずつで味付けをして下さい。

ご飯にとてもよく合う一品が出来ます。

また、きんぴらを大根の皮と葉で作ると、ごぼうで作る時とはまた違ったきんぴらが楽しめます。

大根葉を使った、簡単レシピとは

人気のメニューも簡単なものが多いですが、

次はもっと簡単に作れるものをご紹介しましょう。

本当に簡単に作れる一品は「大根葉のお漬物」です。

大根の葉を1㎝巾に切ったら塩をまぶして30分ほどおきます。

水気が出てきたらしっかり絞って、お醤油をかけていただきます。

また、「大根葉のふりかけ」はいかがでしょうか。

さきほどと同じく1㎝巾に切った大根葉を、ごま油で炒めて、

醤油・みりんを各大さじ1ずつ入れて炒めます。

そして、ごまとかつお節を入れて、さらに炒めます。

水分が無くなったら出来上がりです。

どれも簡単ですが、とても美味しくいただけるものばかりです。

この簡単さは、お子様が初めて作る料理としてもいいかもしれませんね。

楽しく作れて、すぐに美味しく食べることが出来るので、

お子様もきっとお料理作りが大好きになることでしょう。

スポンサーリンク

大根の葉を使った保存のきくレシピとは

さて、いくつか大根の葉レシピをご紹介しましたが、

どれも冷蔵庫に保存すれば4~5は日持ちがします。

もっと保存したい場合は冷凍庫で保存して下さい。

1か月ほどは大丈夫です。

でもすぐに大根の葉を調理出来ないときは、とりあえず塩少々を入れ湯がいておきましょう。

そして1㎝幅に切って冷まし、ポリ袋に入れたら平らにして冷凍庫で凍らせて下さい。

冷凍庫で凍らせた大根の葉は使い道がたくさんあります。

おみそ汁の具にしたり、炒め物に使ったりできます。

もちろん、先ほどご紹介したメニューも作れます。

また、湯がいてありますので、市販の浅漬けの液に入れしばらくおけば、

浅漬けの出来上がりです。

浅漬けを少し食べたいときにもピッタリですね。

まとめ

大根の葉の人気レシピは

・「大根葉とじゃこの炒め物」

・「大根葉の混ぜご飯」

・「大根葉と皮のきんぴら」

・「大根葉と豚肉の炒め物」

大根の葉の簡単レシピは

・「大根葉のお漬物」

・「大根葉のふりかけ」

大根の葉の保存がきくレシピは どれでも冷凍庫で保存可能です。

すぐに調理出来ないときは、塩を入れたお湯で湯がいて 1cm幅に切り、

冷凍庫で保存しましょう。

さて、大根の葉のレシピはいかがでしたか。

大根の葉は本当に使い道がたくさんあり、

主役である白い部分を上回る活躍ぶりと言えるくらいです。

どれも簡単で美味しくいただけるものばかりです。

ぜひ、いろいろなレシピをご参考にどうぞお試しください。

スポンサーリンク