暖房をしていても足元が冷える原因は?会社での対策は?自宅での対策は?

e1772cb6aac6cfeda16f80119cedbc90_s

女性で冷えに悩まされている方は多いですね。

これから寒くなると、足元が冷えるのでつらい季節になります。

しかし、冷え性だからと足元が冷えるのをガマンしたり、あきらめたりしていませんか。

今年こそ、冷えをやわらげて過ごしたいですね。

では、足元の冷えの原因や対策法を見ていきましょう。

スポンサーリンク

暖房をしていても足元が冷える原因は?

冷え性で悩んでいらっしゃる女性はとても多いものですが、女性全体の半数から7割の方が、冷えが辛いと感じているそうです。

なぜ女性に冷え性が多いのかというと、次のようなことが原因だと言われています。

女性は、筋肉が少なく、貧血や低血圧の方が多いものです。

また生理があるため、血流も滞りがちです。

それに、皮膚の表面温度が低いという特徴があります。

そもそも人間は、生命を維持するために、内臓のある中心部分を温めて体温調節をします。

その中心部分を温めることによって、血液が行き渡らない末端、つまり手足の温度が下がり冷えが起こるというわけです。

また、食生活の乱れ、ダイエット、ストレス、喫煙、運動不足なども冷え性の原因となります。

暖房をしていても足元が冷える会社での対策は?

冷えの原因がわかったところで、次は対策を見ていきましょう。

暖房が効いている会社でも、やっぱり足元は冷えますね。

とにかく、冷えを防ぐためには、当たり前のようですが、下半身を温めることが大事です。

タイツや靴下、レッグウォーマーなど、仕事の内容にもよりますが、出来ることなら利用すると冷え防止に役立ちます。

上半身は、寒いからといって厚着はあまりオススメできません。

暖房により汗ばんだりしたら、あとでかえって寒さを感じることもあるからです。

ショールなどを肩からかけて、温度調節をしましょう。

もちろん、膝掛けは必需品です。

膝掛けはわりと大きめで、足元までかかるような長いものであれば、より暖かく仕事が出来ます。

使い捨てカイロを体に貼るのは当たり前ですが、先ほどの膝掛けに貼ると、コタツのようになり暖かく仕事ができます。

貼る位置は足元や膝辺りなど、ご自分の暖かく感じる位置を探してお試しください。

また体を動かすと、やはり暖かくなります。

休憩時や、お手洗いに席を立ったときなどに、簡単なストレッチなどをしてみましょう。

飲み物は暖かいものがおすすめです。

家から温かい飲み物を入れたマイボトルを持参すれは、好きな時に温かい飲み物を飲むことができますね。

暖房をしていても足元が冷える自宅での対策は?

さて次は、冷え性の方に、家でやっていただきたいことをあげてみます。

まず、朝食と夕食は必ず摂りましょう。

朝はコーヒーだけ、などは絶対にやめて、出来るだけバランスよく食べるようにしましょう。

冷えを防ぐ成分は、ビタミンB1やビタミンB2を摂取するのが良いようです。

ビタミンB1なら豚肉やうなぎ、ビタミンB2ならレバーに多く含まれています。

また、牡蠣に多く含まれている亜鉛、また鉄などの成分も冷えに効果的です。

食事をすることで、まず体が温まりますし、バランスよく食べることが冷えの解消に繋がります。

そして、食事制限のありすぎる無理なダイエットは、冷えの原因になるのでやめましょう。

ダイエットならば、体を動かすウォーキングなどがおすすめです。

また、お風呂はシャワーだけで済まさず、浴槽につかり体を温めましょう。

お風呂の中や、またお風呂に上がってからは、ふくらはぎをマッサージするのも、足元の冷え解消に効果的です。

また、使い捨てカイロは、種類によっては24時間の保温効果があります。

会社で使用した使い捨てカイロは、寝る前にお布団の中の足元の辺りに入れておきましょう。

これで暖かく眠りにつくことが出来ます。

スポンサーリンク

まとめ

暖房が効いているのに足元が冷える原因として考えられるのは、女性は筋肉が少なく、貧血や低血圧の方が多いということ。

さらに、生理があり血液が滞りやすく 皮膚の温度が低いことが原因です。

足元の冷えの対策として、第一に下半身を温めることです。

会社内で出来る対策として、カイロ、靴下、ひざ掛けを利用することと、時間をみて体を動かすことも考えてみてくださいね。

自宅では、朝食、夕食をきちんと摂ることです。

さらに、湯船に浸かる、ふくらはぎのマッサージ、ウオーキングもおすすめです。

足元の冷えが少しでも改善されるように、今年はいろいろなことをお試しになってくださいね。

スポンサーリンク