塩釜神社は安産祈願できる?腹帯は持って行く?気になる初穂料!

妊娠がわかると、無事に出産が迎えられるようにと安産祈願にお参りをする方はたくさんいます。妊娠中は無事に赤ちゃんが大きくなっているのかとても心配になりますよね。初めての妊娠ならばなおさらです。

安産祈願は一般的に妊娠5か月目の戌の日のお参りに行くとよいとされていますが、体調を崩しやすい時期のお出かけはとても心配です。

名古屋市にある塩竃神社で安産祈願が出来るのか、腹帯を持って行くのか、がありますが、また、気になる初穂料について紹介していきます。初めてでも安心な一般的なお参りの方法や、どうして戌の日なのかといった安産祈願についての豆知識もお伝えします。

スポンサーリンク

塩釜神社で安産祈願はできる?

名古屋市にある塩竃神社の御祭神は【鹽土老翁神】(しおつちおぢのかみ)といいます。この神様は潮流をつかさどる神様です。出産は潮の干満に関係していることから、その満潮時の無事安産を祈って、安産の守護神として信仰されています。

そのため塩竃神社は安産祈願の神社としてとても有名です。名古屋市の方はもちろん遠方から来られる方もいらっしゃいます。

では、安産祈願はいつ頃お参りすればいいのでしょうか。

安産祈願のお参りに適した時期はいつ?

冒頭でお伝えした通り、安産祈願は5か月目の戌の日に行うというのが一般的になっています。これは、妊娠五か月目の戌の日に腹帯と呼ばれるお腹を守るための帯をまくと安産になるという言い伝えがあるためです。

戌の日というのは十二支の戌の日のことでカレンダーに書かれていたり、インターネットでも簡単に調べることができます。戌の日のお参りがいい理由としては、犬は一度にたくさんの赤ちゃんを産み、安産な動物とされているところからきています。

しかし、妊娠中は体調を崩しやすい時期です。一般的に5か月ころは体調が安定してくる時期といわれていますが、まだまだつわりがひどいという方や、時期的に寒かったり暑かったり、天候がすぐれない時期という方もおられるでしょう。

そういう場合は無理に5か月目の戌の日にこだわる必要はありません。私の場合、五か月目が夏真っ盛りで猛暑の中神社に向かいとてもつらかった経験があります。一番大切なのは妊婦さんの体調です。

お参りで体調を崩してしまっては元も子もありませんよね。安産祈願は妊婦さんの体調と気候などを考慮して安全にお参りできるタイミングを優先して行いましょう。

塩竃神社では戌の日以外も安産祈願を行っていますので安心です。

塩釜神社での安産祈願は腹帯も持参?

塩竃神社では腹帯を授けていただくことができます。御祈祷と授印を受けた腹帯は8000円でいただけるのですが、持参したものを安産祈願の際に祈祷し授印を授けていただくことも可能です。

自分の好みや体形、使いやすさなどを考えて購入したものでもきちんと祈祷してもらえるので私個人としてはそちらのほうがおすすめです。

私は二人の子供を出産し、どちらも安産祈願を行ったのですが、一人目の時は神社で腹帯を授けていただいたものの、さらしタイプでうまく装着することができず、結局既製品を使う羽目になってしまいました。

そうした経験から二人目の時は持参したものをもっていって祈祷していただきました。一人目の時に使っていたものだったので、出産までしっかり祈祷していただいた腹帯を使うことができとても満足でした。

せっかく祈祷と授印をしていただくのできちんと使える見込みのあるものを持参したほうがいいかと思います。

スポンサーリンク

塩釜神社の安産祈願の初穂料

安産祈願の初穂料は5000円です。

特に予約は必要なく、午前9時から午後3時の間に受付を済ませると御祈祷を受けることができます。毎日行っているので、都合の良い日に合わせてお参りに行きましょう。

塩竃神社は安産の神様で有名なので、特に戌の日は大勢の妊婦さんが参拝に訪れます。週末などは周辺道路がかなり混雑することもあるので時間に余裕をもってお参りに伺うようにしましょう。

安産祈願に適した服装

御祈祷を受けるのでフォーマルやスーツを着ていかれるという方ももちろんおられますが、カジュアルで行かれる方も結構いらっしゃいます。実際私は二人ともカジュアルで行きました。

夫はスーツだったのですが、私は夏の暑い時期だったということもあり、動きやすく締め付けのないものを選んでいきました。足元はスニーカーで神社の階段などでつまずかないようにと安全対策重視で臨みましたね。

それでも祈祷のお部屋に上がるのにつまずいて恥ずかしい思いをした苦い経験があります。とはいえTシャツに短パンというような服装はあまりにカジュアルすぎると思うので、ゆったりとしたワンピースやパンツなどを選ぶようにしましょう。

必ずフォーマルではないといけないということはありませんが、あまりに場違いな服装は避けましょう。

まとめ

赤ちゃんが無事産まれてくることを願う安産祈願は5か月目の戌の日が一般的ですが、妊婦さんの体調や気候を考慮して無理のない日に参拝しましょう。

塩竃神社では毎日安産祈願の祈祷が行われています。自身で選んだ腹帯をもって祈祷していただいたほうが実際に使いやすいのでおすすめです。

塩竃神社で母子ともに無事に出産を終えられるように安産祈願をしてみましょう。

鹽竈神社のお礼参りは予約が必要?初穂料やお札とお守りの返納は?

塩釜神社でお宮参り後に食事や写真はココがおすすめ!必要な料金は?

スポンサーリンク