名古屋市東区オオカンザクラの並木道の桜の見頃!アクセス方法と駐車場はこちら!

名古屋市東区のオオカンザクラの並木道は毎年、桜の季節になると見事なまでの景色に彩られます。他の桜に比べ、開花時期が少し早いので見頃の時期をはやくから調べておきたいものですね。

そんな名古屋市東区のオオカンザクラの並木道りの桜の見頃とアクセス方法、おすすめの駐車場をご紹介します。

スポンサーリンク

名古屋市東区オオカンザクラの並木通りの見頃

愛知県名古屋市東区泉にあります、オオカンザクラの並木通り。名古屋市内ではいち早く桜が見られる場所として知られています。

そもそもここに桜を植えたのは昭和36年、「名古屋で一番早く桜が見たい」地元住民の願いが叶い、当初16本の苗木が現在では140本の桜となって並木通りを生み出しまして、早い春を楽しむ事が出来ます。

2019年愛知県の桜の開花情報では名古屋は3月23日からとなっていまして、満開日が4月2日です。

ですが、オオカンザクラの場合は3月上旬から咲き始めて3月末には満開となりますので、この情報より早く満開の桜が見られる事でしょう。

2018年は3月15日から20日頃には満開となっていましたよ。

今年は暖冬といわれているので少し開花が早まる可能性もあります。3月10日ごろから開花情報をチェックしておきましょう。名古屋市東区の公式Twitterで開花情報がつぶやかれていますよ。

3月中旬がオオカンザクラの並木通りの見頃となる時期ですので、下記の交通アクセスをご確認の上、お花見に行くとよいでしょう。

名古屋近郊の方のみならず、オオカンザクラ並木通りの桜を楽しみにされている方も多いですよ。

ただ、オオカンザクラは満開になる時期が早い分、当然終わる時期も早いですので、3月は見頃ですが、4月になると葉桜になっていることも多いので早めにお花見に出かけましょう。
 

オオカンザクラ並木通りへのアクセス方法

オオカンザクラ並木通りへのアクセスは 車の場合、奈良・四日市方面からは国道19号線桜通、桜通泉二丁目の交差点を左折して1分で到着です。静岡・豊橋方面からは桜通泉二丁目の交差点を右折して、1分で到着です。

電車でのアクセス方法は、市営地下鉄桜通線高岳駅を下車をし、二番で口を出て泉二丁目の交差点を左折して徒歩3分で到着です。

名古屋駅から市営バスで来る場合は、名古屋駅8番乗り場から幹名駅1号系統上飯田町行きのバスで飯田町を下車、飯田町の交差点を南方に渡って徒歩6分です。

市営地下鉄栄駅からの場合、4番乗り場から栄14号系統上飯田町行きに乗車し、飯田町を下車しまして飯田町の交差点を南方に渡って徒歩6分です。もう1つあり、市営バス高岳駅を下車して徒歩2分で行けます。

地下鉄大曽根駅からの場合は、幹名駅1号系統名古屋駅行き乗車し、飯田町を下車しまして飯田町の交差点を南方に渡って徒歩6分です。
 
市営バスで白壁駅からのアクセスもありますが、こちらは更に距離が長く徒歩でも12分程掛かりますので、オススメ出来ません。

以上の様に基本的に公共交通機関を利用する際は市営バスと市営地下鉄を利用する事となります。JRや私鉄電車・バスでのご利用は不可ですので、その点は注意して下さい。

スポンサーリンク

 

オオカンザクラ並木通りのオススメの駐車場

オオカンザクラの並木通りに最も近い駐車場が2ヶ所あります。

1つ目は並木通り東側にあります泉パークという有料パーキングです。
 
こちらは24時間最大1000円で土・日・祝日は最大1200円となっています。料金のカウントは午前8時から午後20時では30分に100円で、夜間は午後20時から翌日の6時までで1時間に100で、夜間打ち切り額が400円と近場で立体駐車場となっていますので、オススメです。

2つ目は向かい西側の高岳郵便局の隣にあります。運営先は同じ泉パーキングが行っておりまして、パーキング名がいずみパーキング泉二丁目という名前です。

ここの利用料金は、午前8時から午後20時が20分毎に100円、午後20時から翌午前6時が1時間毎に100円となっています。土・日・祝日は最大700で、夜間は最大400円です。24時間利用した場合は最大1100円となっています。

いずみパーキング泉二丁目は立体駐車場ではありませんが、最大約30台程の車が駐車出来るスペースとしても最適な有料パーキングです。

泉パークの立体駐車場の方が混雑時でも可能な駐車スペースは確保出来ますし、何よりオオカンザクラに最も近く直ぐ見られるというメリットがありますので、こちらをオススメします。

まとめ

以上が名古屋市東区のオオカンザクラの並木通りのお花見について、桜の見頃とアクセス方法、おすすめ駐車場についてご紹介しました。

学生も社会人の方も普段から通られるこのオオカンザクラ並木道の桜を、この機会に見られては如何でしょうか。

スポンサーリンク