花粉症で喉がかゆい時の対処法!夜眠れない時は?原因は何⁈

年々増加傾向にある花粉症ですが、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目の痒みは花粉症の三大症状と言われており、風邪に良く似た症状から始まります。中には喉のイガイガや痒みの症状などを訴える人も多く、改善策に悩んでいる人も少なくはありません。

花粉症の症状は思ったよりも辛く、長引くので何か良い対策などがあれば良いですよね。そこで今回は、花粉症で喉がかゆいときの対処法や夜、眠れない時の対処法や原因についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

花粉症で喉がかゆい時の対処法

花粉症で喉が痒い時は、我慢することが難しく、痒いからと言って喉の奥に手を入れて掻く事もできませんし、更に長引くことで炎症があらわれ微熱が出ると言う原因にもなるため、放置する事のできない症状です。

そもそも喉がかゆいと言う症状の多くは、アレルギー反応が原因となっており、症状を和らげるためにはそのアレルゲンを取りさる事が一番です。

その為、痒くて仕方がないと言う場合は、口や喉のうがいを行う事が良く、また喉だけでなく鼻うがいを行う事で高い効果が望めます。

その他には、乾燥によって喉にアレルゲンが付着しない為にも部屋の加湿調整はしっかり行いましょう。また、市販されているトローチなどは、痒み止め成分を含む種類もある為、対処法としては良いかもしれませんね。

花粉症で喉がかゆくて眠れない時は?

花粉症の場合、鼻や目、喉と粘膜に花粉が付着しやすい部位が侵される事が多く、特に酷い鼻づまりの時は、寝ている間は口呼吸になりがちである為、喉にも悪影響を及ぼすことから、寝不足を訴える人も多いです。

花粉の飛散量が多い日は、花粉症専用のマスクをして外出することが大切ですが、最近では鼻マスクが発売されており、鼻の中にも花粉が侵入しないように出来るようです。

しかし、アレルギー体質の人は、微量の花粉にも反応する為、様々な対処法でも痒みや鼻づまりは起きてしまいます。そんな時は、やはり粘膜に付着した花粉を早く取り去る為に、口、喉のうがいと同時に鼻うがいも行うようにしましょう。

実際、長年花粉症で寝不足を訴えていた人が、この口と鼻のうがいを行ったところ、夜はぐっすり眠れるようになったと言う事例もあります。

また、普段から口呼吸の癖がある人は、花粉が喉に付着しやすくなるので、出来る限り鼻呼吸を意識した生活をする事が大切であり、寝るときもマスクを着けて眠る事で喉の乾燥を防ぐ事が出来る為、対策としてはおすすめできます。

しかし、症状が酷い場合は医師の診断を受けて抗アレルギー薬などを処方していただく事も良いでしょう。

これ等の事をまとめると以下のようになります。

・医師の診断を受け、症状に合った薬を処方していただく。

・外出は控え、外に出るときはマスクを着ける

・朝晩の2回、口や喉のうがいを行い、同時に鼻うがいも行う。

・乾燥を防ぐために、加湿を調整し、寝るときはマスクを着用してみる。

・掃除はこまめに行う。

・花粉の飛散している時期は布団や洗濯物を天日干ししない。

・普段からバランスの良い食事を摂り、体の免疫力を高めておく。

これ等の事に気をつけて日常を過ごしましょう。

スポンサーリンク

花粉症で喉がかゆい原因

花粉症で喉がかゆい原因は、アレルゲンである花粉が喉に付着することでアレルギー反応が起き、体質的にもアレルギー体質の人は、痒みやイガイガと言った不快な症状が強く現れます。

特に花粉症の場合は、アレルゲンである花粉が鼻や目にも付着する為、涙目や鼻の炎症などがおきて鼻が詰まると言う事にもなり、それが原因となって自然に口呼吸になる為、花粉がダイレクトに喉の粘膜に付着しやすくなります。

寝ているときは特に唾液の分泌量も少なくなる事から、アレルギーの症状が強くあらわれるので、寝不足を訴える人も多いですね。

また、喉の痒みの原因は花粉以外にもハウスダストや後鼻漏なども考えられる為、市販薬で対処する前に医師の診断を受けておくことをおすすめいたします。

まとめ

花粉症で喉がかゆいときの対処法や原因についてでした。参考になさってくださいね。

花粉症の喉の痒みは耐えられないものですね。喉の中まで手が届かないので書くことも出来ません。マスクやうがいで喉に花粉が付かないように予防したいものですね。

喉の痒みが少しでも収まるような薬も市販されているので利用してみると良いでしょう。

花粉症の対策に納豆は良いの?効果は?食べ方は?

スポンサーリンク