4歳の子供が野菜を食べない!大丈夫?野菜を食べる工夫とは!

4歳の息子が野菜嫌いです。野菜が食べられるようにするにはどうしたらよいのでしょうか?

このようなお悩みは、子供さんのいるご家庭では多いのではないでしょうか。だいたい、人参、ピーマン、トマト、玉ねぎ、葉物野菜・・・と、野菜と名の付くもの全てを嫌っているお子様は多いですよね。

親としては、子供の健康を考えて何とか食べさせようと努力しますが、無理強いすれば更に野菜嫌いを招くことにもなります。ほんとうに、どうしたらよいのでしょうね。

そこで、今回は4歳の子供が野菜を食べない事について思うこと、無理やり食べさせるのが子供のためになるのか、また、食べさせる工夫について一緒に考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

4歳の子供が野菜を食べない事についてどのように思いますか?

親からみた4歳と言う年齢は、「魔の2歳児」、「悪魔の3歳児」を経てようやく親の負担が軽くなる「天使の4歳児」とも言え、分別ができる年齢でもあります。

しかし、大人と子供が同居した人格でもあり、理解していると思っていたのが急に赤ちゃん返りをすると言うのも4歳児の特徴です。

また、ママが作った離乳食を何でも美味しく残さず食べてくれていたにも関わらず、4歳辺りから好き嫌いが激しくなり、急に野菜を食べなくなったと言う事も多くあります。

実は、これは人間の本能でもある味覚が左右しており、まだ食の経験が浅い子供は、「苦味」や「酸味」などを自然と危険な食べ物と認識してしまう事から、受け付けないと言う事になります。

また、見た目で受け付けないと言う事もあり、「食わず嫌い」と言う事もこのころに多く見られます。

親としては栄養のバランスが悪くなるのではないかと焦り、必要以上に神経質になってしまいがちですが、そんな親の行動も冷静に見ているのも4歳児だと言う事を頭に入れておいても良いのではないでしょうか。

つまり、栄養失調などでお医者様に注意されなければ、それほど心配する必要もない為、自然に食べられる環境づくりに神経を使う事が大切だと言えます。

野菜を食べない子供に無理やりにでも食べさせた方が良い?

実は、私も好き嫌いが激しく、肉、魚、ピーマン、キャベツ、人参、ほうれん草、ピーマンなどは全く口にしない子供でした。

母親は、どうにか食べさせようと汁ものに肉や魚、野菜を混ぜ美味しく作ってくれましたが、汁全体に嫌いな物の味が広がり、大好きな豆腐にも味が付いた為、全く食べられなかったと言う記憶があり、ハンバーグなどは中を確認してしまう始末でした。

そんな事から給食の時間はいつも残してしまう為、担任の先生も心配し、「食べるまで帰さない」と言い、放課後まで居残りさせられて給食と睨めっこしたものでした。

お医者さまからは、タンパク質やビタミン全般の栄養素が足りていないと言う事で総合ビタミン剤を渡されたものですが、現在は好き嫌いなく何でも食べています。

つまり、強制的に食べさせようとしても食べられない物は食べられない!と言う事なので、無理やり食べさせるよりも、自然と食べたくなる工夫が大切だと言えます。

スポンサーリンク

野菜を食べるようになる工夫はどんな事がありますか?

野菜嫌いの子供さんは実は親が神経質になっている事が多いようです。人間にとって食事の時間は楽しい時間でもあり、家族とコミュニケーションのとれる唯一の時間だと思います。

そんな時間に、嫌いなものを無理にすすめられても嫌な思いばかりが蓄積することになり、次第に食事の時間を嫌がる事にもなり、負の連鎖にもなりかねませんよね。

そこで、嫌いなものを食べられるようにするにはどんな事を工夫したらよいか、幾つか紹介してみますね。

野菜を無理に食べさせない

食べられない理由が子供なりにある為、無理に食べさせることは逆効果になるので、あまり神経質にならない事が大切です。

家族で楽しく食事をする

悩み事や一日の出来事を話せる雰囲気の中で食事が出来るようにすることが大切です。

子どもと一緒に料理をする

料理を子供と一緒にする事で、野菜が身近に感じられることにもなり、野菜に対しても安心感が生まれると思います。

調理や盛り付けの工夫をする

嫌いな野菜などをすりおろす、又はみじん切りにするなどして形が分からないように料理に混ぜてしまうのも良い方法だと思います。特に子供の大好物にカレーやシチュー、ハンバーグなどがあるのでその中に混ぜれば自然に食べてくれるのではないでしょうか。

また、盛り付けるときは子供の大好きなキャラクターなどを入れたり、動物をかたどったりすることで興味を示し、見た目も綺麗なら喜んで食べてくれるのではないでしょうか。

更に、ジュースなどにも混ぜれば美味しく頂けるので良い方法だと思いますよ。

このように楽しい環境の中で食事をする事は、子供や大人にとっても良い結果に繋がる為、大らかな気持ちを持つ事が大切と言えます。

まとめ

以上、子供が野菜を食べられるようにするにはどうしたらよいか?についての記事でした。

4歳という年齢であればそこまで野菜嫌いを心配しなくても良いのではないでしょうか。その証拠に大人になったら好き嫌いなく何でも食べられるようになったという人も多数おられます。

今は、食事の時間を楽しく過ごすことに気を配る方が良いでしょう。楽しい食事の時間が味覚をも変えてくれるかもしれませんよ。

スポンサーリンク