鹽竈神社のお礼参りは予約が必要?初穂料やお札とお守りの返納は?

出産は女性にとって一世一代の大仕事でもあるため、やはり不安は付き物ですよね。その為、昔から戌の日を選び神社やお寺などで御祈祷をして安産祈願を行ったものです。

御祈祷していただいた後は、腹帯やお守り、或いはお札などを頂き出産するまで肌身離さず大切にしましたよね。そして無事出産できた後は、願い事を聞いてくれた神様にご報告すると言う意味から「御礼参り」をして感謝の気持ちを伝えるものですが、若いお母さん達の間では、お礼参り事態を忘れている事もあり、またそのお守りやお札を返納するかしないかで迷っている人も多いようです。

そこで今回は、鹽竈神社に出産後の御礼参りに行く場合の事前予約や初穂料、またお守りの返納などについて調べてみました。

スポンサーリンク

鹽竈神社の御礼参りは事前予約が必要?

赤ちゃんを授かった時、無事に出産できるようにと神社で安産祈願を行う人は多いですが、その願いが成就した後の御礼参りがあると言う事をご存知でしたか?

確かに、人として何かを頼んだ時は、その願いが叶ってもかなわなくてもお礼をするのが常識であり、それが人の礼儀と言うものですよね。

そしてその礼儀は、人だけでなく神様に対しても同じと考え、安産祈願した後に一緒にお守りやお札などを頂く為、出産が終わるまで、或いは人によっては子供が成長するまで大切に持っていたりするものです。

その為、無事出産できた後は、鹽竈神社の神様に感謝の気持ちをあらわし御礼参りを行う事は当然な事であり、たとえ成就しなくてもご報告すると言う事は大切な事ですよね。

そのお礼参りの日にちや時間は神社によって違いはありますが、鹽竈神社のように予約の必要がないところや、事前予約しないと受け付けられない神社もあります。

また、予約の必要がない神社でも混雑する場合もあり、急に行っても必ずしも受け付けてくれるとは限らないので事前に確認することは大切なのかもしれませんね。

鹽竈神社のお礼参りの時間は午前9:00~午後4:00までで、土日、祝祭日、戌の日は必要ありませんが平日は混雑する場合もある為、予約した方が良いですね。

また、お礼参りの時期は、出産後約一年以内であればいつでもお参りできますが、正式には出産後、男児の場合は32日目、女児の場合は、33日目頃が良いとされており、日数から数えると丁度お宮参りの時期と重なる事が分かります。その為、お宮参りと御礼参りを一緒に行う人は多いですよ。

ただ、子供の成長度合いは日数などでは個人差もあり、母親の体調の回復にも個人差がある為、体調や天候の良い日を選んでお参りする事が良く、なかなか都合がつかない場合は、代理の方が参拝しても構わないと言われています。

つまりは、人間に対しても神様に対しても、感謝する気持ちを忘れないと言う事が大切なのですね。

鹽竈神社のお礼参りの初穂料

御礼参りの時期は分かっていても、その初穂料がいくらくらいになるかで悩む人は多いようですが、神様への気持ちは、所謂「志」である為、金額的には定められないのが普通です。

しかし、神社によっては規定されている所もあるのでその金額に準ずるのが良く、一般的には5,000円~が相場となっています。包む場合は、お札に描かれてある顔の向きが上になるようにして新札を封筒に入れて奉納します。

因みに、鹽竈神社の御礼参りの時に包む初穂料の金額は、安産祈願の場合と同じで5,000円~10,000円となっており、高くなるにつれてそれに付随するお守りやお札なども決められるようですよ。

お宮参りと一緒に行う場合もあるのでご家族で話し合って決め、今後の子供の健やかな成長を祈願してくださいね。

スポンサーリンク

お礼参りの時にお守りやお札は返納するのですか?

安産祈願をすると共に神社から腹帯やお守り、お札などを頂きますが、無事出産した後は、これらの縁起物をどうするかで迷う事はありますよね。

頂いた縁起物には神職に就いた人が「御芯」を入れるなどしている為、神様の魂が込められた大切なものなので思い入れもあり無碍には出来ないものです。

神社によっては、参拝したあと境内に設置されている「古札お納所」や「古札納箱」に返納する場合もありますが、お礼参りで初穂料を奉納した場合は、受付に出して処分していただくのが良いと言えます。

また、お礼参りが出来なかった場合は、年末年始のお焚き上げの時に持っていく事も良いとされています。

お守りは神様の魂が宿っているとも言われ、神様への感謝の気持ちも強い事から、成就したあとはお礼参りを行い、初穂料と共に返納することが一番です。その後、改めてお守りを頂けば新たな気持ちにもなり安心して前進できるものと思われます。

まとめ

苦しいときの神頼みと言うわけではありませんが、人は何かに迷ったり、不安になる時は神様にお願いごとをするものですよね。しかし、お願い事はしても結果をご報告する人はきっと少ないと思います。

神仏ではそれをお礼参りと言いますが、これは神様に限らず人と人との付き合いの中でも大切な事であり、やはり頼みごとが成就してもしなくても結果のご報告は必要かと思いますよね。

特に安産祈願をした後に無事な出産を願うためにお守りやお腹に巻く腹帯などを頂いた場合は臨月まで肌身離さず身に着けている為、お礼参りをする事は人としての礼儀だと思います。神社の境内に古札納箱などもありますが、やはり神様と向き合い、初穂料と共に返納する事が良いと言えますね。

以上、監竈神社に出産後のお礼参りに行く場合の事前予約や初穂料、またお守りやお札の返納についてでした。

瑞巌寺へのアクセス仙台からは?駐車場情報と見学の所要時間!

榴ヶ岡公園の桜の見ごろはいつ?ライトアップの時間や屋台情報!

スポンサーリンク