塩釜神社のお宮参りは予約が必要? ご祈祷料や服装はこちら!

子供が生まれて約1ヵ月くらいすると、安産祈願をした神社へ、子供が無事に生まれた報告としてお宮参りをしますよね。特に監竈神社は、商売繁盛、航海安全の他に、安産祈願や延命長寿、そして子供の成育の守護神としても知られている為、お宮参りには多くのご家族が参拝しています。

さて、そんなお宮参りですが・・・

若いお母さん方の間では昔の伝統的な慣習がない為、お宮参りをする時の正式な服装や御祈祷料などで悩む人もいるようです。 そこで今回は、塩釜神社にお宮参りする時に予約が必要なのか、また、祈祷料や服装などについてご紹介致します。

スポンサーリンク

塩釜神社にお宮参りに行く時は予約は必要?

結論から言って、お宮参りの祈祷は毎日行われている為、予約は必要ありません。子供さんの体調やご家族の都合に合わせて日にちを選び、天候の良い日に行きましょう。

そもそも監竈神社は、全国にある塩竈神社の総本社であり、宮城県塩竈市に鎮座する神社を指しています。

商売繁盛、大漁祈願、航海の安全のご利益がある塩竈神社は、昔から「しおがまさま」と呼ばれ親しまれ、商売繁盛・産業振興・交通安全などに信仰されるほか、延命長寿や子供の成育、また安産などにご利益があるとされている為、初宮参りや安産祈願、七五三などには多くのご家族がお参りしています。

ところで、宮参りは子供が生後何日目で行われるかご存知ですか?

時代と共にそのあり方も徐々に変わってきてはいますが、一般的に宮参りとは、赤ちゃんの誕生を祝い健やかな成長を祈る行事であり、産まれて約1ヵ月すると日の良い日を選び神社に参拝して祈祷していただくと言う儀式です。

更に正式的な事を言えば、男子の場合は生後31日目、女子は生後32日目で宮参りをするものとされていますが、やはり天候や体調の関係などから限定日とは限らないので、良い日を選んで行くのが一般的です。

また、地域では産土参り(うぶすなまいり)や初宮参り、又は初宮詣とも言われ、その土地の守り神である産土神社に参拝する習わしがあるようですよ。

塩竈神社のお宮参りの御祈祷料は?

古くから日本人は寺社に対する信仰心が篤く、厄除け、恋愛、就職、商売繁盛、安産、子供や家内安全など等、様々な目的で寺社に足を運び、祈願する事で心の安らぎを得てきました。

その信仰は現在も続いており、特に子供を無事出産できるようにと安産祈願を行ったり、子供の成長の無事を願うために宮参り、又は七五三と言うような子供の成育への安全を願う事で祈願する御家族は多いですね。

その為、神殿に足を運び神職に就いている者に初穂料(ご御祈祷料)を納めて様々な願い事に対して祝詞をあげ奉仕していただく事になるのですが、その御祈祷料は目的によって異なり、神社によっては料金を規定している所もあります。

しかし、多くは5,000円からが大半ですよ。また、地方によっては3,000円から納めているところもあり、それにお守りや縁起物などが付けば5,000円~10,000円以上にもなる事もあります。

それらの初穂料(祈祷料)は、だいたい両親が払うのが一般的ですが、地方によっては慣習に従い、祖父母が払っているところもあります。

スポンサーリンク

塩釜神社のお宮参りの服装は?

お宮参りの時期は、赤ちゃんが生まれて約1ヵ月経った頃なので、母体も回復し赤ちゃんを連れて外出もできる時期でもあります。

その為、お宮参りには両親と赤ちゃんだけでお参りするケースが多く、その服装も、スーツ姿やワンピース姿が一般的であり、子供の祝着もベビードレスのような実用的なものが多く、その上にケープを掛けるのが人気です。また、中にはレンタルを利用する若いご夫婦も増えています。

確かに、祝着などは一度しか着ない為、新しく用意してももったいないですし、レンタルや実用性のあるベビードレスの上にケープを掛ける服装なら後々利用できますよね。

しかし、地方などではお宮参りなどは昔からの習わしであると考え、正式な服装でお参りしている姿も多く見受けられます。

その正式な服装とは、男の子の場合は白羽二重に「のし目模様」の紺色掛け着、又は黒羽二重の紋付など、女の子の場合は白羽二重に「友禅模様」の掛け着などの祝着を妻の実家が送るのが習わしです。

両親や祖母は、留袖の正装を昔は着た物でしたが、時代と共に薄れ現代は色無地や訪問着などの着物姿になります。父方の祖母は肌着の上に白羽二重の内着を着て上から掛け着を羽織り赤ちゃんを抱っこした状態で祖母の首の後ろで付紐を結びます。

最近のお宮参りの服装は、形にとらわれなくなってきていますが、赤ちゃんに送られた祝着が正装なら両親や祖父母もそれに合わせるのが良くバランス的にも合うと言えます。

一生に一度のお宮参りですから、しきたりなどにとらわれず、その日の天候や赤ちゃん、又はお母さんの体調を優先的に考えてご家族でお祝いしてあげるのが良いのではないでしょうか。

まとめ

お宮参りは、赤ちゃんにとって一生に一度の行事であり健やかな成長を願うために多くのご家族が神社にお参りしますよね。中でも塩竈神社は、安産祈願、延命長寿、子供の成長の守護神でも有名である為、お宮参りなどは毎日のように行われているようです。

その為、予約不要で参拝することができ、その祈祷料も5,000円~となっています。しかし、祈祷にお守りや縁起物などを付けて頂いた場合は、10,000円くらいにもなり、人数によって祈祷料も異なるとされています。

地方によっては、昔からのしきたりや習わしに準じて行われるところも多く、和装で参拝する姿も多いようです。しかし、現代はその服装も形にとらわれなくなってきており、スーツやワンピースなどの洋装が一般的になってきています。

赤ちゃんも実用的なベビードレスにケープを掛けた服装が人気が集まり、古いしきたりなどにとらわれないお宮参りの姿が多く見受けられるようになりましたよね。

赤ちゃんが正装であればそれに合わせるのがバランス的には良いですが、あくまでも形ではなく赤ちゃんの健やかな成長を祈願する事なので、天候や体調の良い日に動きやすい服装で参拝するのが良いと言えます。

以上、塩竈神社にお宮参りする時の御祈祷料や服装などについての紹介でした。

鹽竈神社のお礼参りは予約が必要?初穂料やお札とお守りの返納は?

スポンサーリンク