鯉のぼりは誰が買う?五月人形は?しきたりに従うのが正しい?

日本では古くから、初めての男の子が産まれると、その年の5月5日の初節句には子供の成長や将来の立身出世などを願って、盛大にお祝いをすると言う風習がありますよね。

初節句祝いには、両家のご両親も参加して鯉のぼりや五月人形を飾り、チマキなどを食べながら初めての男の子の誕生を喜んだりするものですが、現代ではそんな鯉のぼりや五月人形を誰が買うかで揉めるご家庭もあるとか・・・。

今回は、そんな鯉のぼりや五月人形は誰が買うのか?また、そのしきたりにはどのようなものがあるのか?について解説したいと思います。

スポンサーリンク

鯉のぼりは誰が買うのでしょうか?

空高く気持ちよさそうに泳ぐ「鯉のぼり」ですが、昔は毎年五月五日の端午の節句になると男の子のいるご家庭ではよく見られる光景でしたよね。

鯉のぼりは、江戸時代中期頃から普及しており、中国の登竜門伝説にちなんで「竜門の滝を登りきると鯉が竜になれる・・・」と言う話から、我が子が強くたくましく成長し、そして将来の出世を願った親の思いが込められているものです。

初めて男の子が産まれたご家庭ではこのように鯉のぼりや五月人形に子供の健康や将来の願いを込めて用意するのが当たり前と思っていましたが、現代では核家族化が進み、住むところもマンションやアパートと言うように、鯉のぼりを立てたり、大きな五月人形を飾ると言う広いスペースもない為、難しくなってきている事は確かですよね。

その為、我が家では主人の実家と私の実家から初節句のお祝いとしてお金を頂き、自分たちでガラスケースに入った小さな兜を用意したと言う質素なお祝いでしたが、両家が気を遣った事で和気あいあいとしたムードで終わり逆に良かったと思っています。

しかしこれが、鯉のぼりを誰が買うかと言う事を両家が意識してしまうと、楽しいムードにはならない物ですよね。

巷で聞けば、男の子が産まれたらご主人の実家が鯉のぼりや五月人形を用意し、女の子が産まれた場合は奥さんの実家が雛飾りを用意すると言う話があります。

しかし、これは全くの都市伝説であり、本来はお嫁さんの実家が用意するものとされており、昔も現代も変わらないようです。その為、答えは奥さんのご両親が用意すると言う事になりますが、経済状況や考え方の違いもある為、御両家でよく話し合って決める事が一番良いと言えます。

五月人形は誰が買うのでしょうか?

端午の節句に飾るものは、鯉のぼりや武者絵のぼりのような外飾りと、五月人形や鎧・兜の内飾りがあり、本来は両方を一緒に飾るのが望ましいとされています。

その中でも、五月人形を飾るのは江戸の武家社会から生まれた風習であり、兜や鎧のような硬い物で身を護ると言う意味合いから、病気や災厄から身を護るお守りのような存在として現代に受け継がれています。

そんな五月人形は、祖父母が贈ると言う事も増えていますが、基本的には鯉のぼりと同様に妻の実家から贈られるものとされています。

これは昔嫁に嫁いだ娘と離れて暮らす実家が、長男が生まれた事を機に娘と初孫の顔を見に行くと言う意味から鯉のぼりや五月人形は嫁の実家が用意するものとされてきたようです。

現代では両親と一緒に暮らす事も少なくなり、アパートやマンション住まいが多くなった為、部屋の大きさに見合わない贈り物をしたがために頂いても困ると言う事にもなります。

未然にトラブルを避けるためにも両家の両親とよく相談したうえで用意することは大切ですね。

スポンサーリンク

鯉のぼりの購入についてのしきたりはある?

鯉のぼりや五月人形などを初節句に用意すると言う事は、産まれた子供の健康や成長、そして将来の立身出世などを願い、お守り代わりとして飾る事が本来の目的にもなっているので、誰が購入すると言う基本的なしきたりは特にありません。

しかし、地域によっては昔ながらの風習を続けている地域もあり、妻の実家が初孫の為に贈ると言う事を守っているところもあり、また親戚や友人達はケースに入ったわらべ人形や首振虎などを贈る場合もあるようです。

また最近では、曾孫の誕生を待ち望む祖父母も多くなり、家紋や家名の入った鯉のぼりを贈るため、柄物吹き流しなども付いてくるのでとても豪華な鯉のぼりも目にする事があります。

このように地域によっては、両親と親戚や友人、そして祖父母と全員で祝う事も多く、それだけに贈り物が重複することも考えられるため、御両家でよく話し合って決める事が一番良いと言えますね。

まとめ

端午の節句はもともと、月初めの午の日の意味で5月5日に限定されたことではありませんでした。それが端午の節句と定められた理由には、端午の端の音が五に通じる事から5月5日を端午の節句と定めたようです。

以外に単純な理由から日付が定められた事に驚きましたが、5月5日と言う日付にはしきたりと言えるほど重要な意味は無いと言う事ですね。中国では端午の節句の日は、邪気払いの日として祭りが行われており、薬草を摘み、菖蒲酒を飲んで病気や災厄を払っていたと言います。

そしてこの事が男の子の節句になったのは、武士の時代からであり、菖蒲か尚武(武を重んじる)、或いは勝負と重なる事から尚武の節句として初めは祝うようになったとされています。

その為、男の子は武士道を重んじ、強くたくましく育つ事が良いとされ、地域ではご主人のご両親が準備をすると言う地域もあると言います。大空高く風に吹かれて泳ぐ鯉のぼりは、確かに力強く見ていても気持ちの良い物ですね。

被災地では、多くの子供たちが津波の犠牲となりました。遺された遺族はその悲しみを鯉のぼりに託し、子供の化身とも言われる鯉のぼりを空高くはためかせる事で我が子の鎮魂を祈っています。

しきたりを守る事も良いですが、子供の成長と健康を第一に考えていかに守るかと言う事が大切ですね。

以上、鯉のぼりや五月人形は誰が買うのか?また、そのしきたりのはどのようなものがあるのか?などについてお伝えしました。

端午の節句に菖蒲が使われる由来と飾り方さらに菖蒲湯の効能とやり方

スポンサーリンク