青葉城址の夜景が見たい!行き方と駐車場について

歴史あるお城などは、日本の観光地として多くの方が訪れる場所であり、特に、夜のライトアップされたお城は、昼間見るよりも雄大で迫力がありますよね。

また、お城と言えば山の上に建てられる事が多いため、街中を一望できますし、夜景などは街の灯りが宝石にも見える事から、カップルにとってはプロポーズできるジャストシチュエーションとも言える眺めですね。

今回は、青葉城址の夜景見学においての治安や車でのアクセス方法、また駐車場などについて解説したいと思います。

スポンサーリンク

青葉城址の夜景を見たい!治安はどう?

青葉城は、「独眼竜正宗」でも有名な仙台藩主、「伊達正宗公」によって築城された「仙台城」の事であり、青葉山の山頂に築かれた事で青葉城の雅称が付いたとされています。

長い歴史の中で、建築物の大半が焼失してしまい、現在はお城の石垣のみが残されている事から、地域では「青葉城址」とも呼ばれ、2003年に「仙台城跡」と史跡登録されてからは、「仙台城跡」の方が多く知られるようになったと言う事です。

そんな青葉城址は、現在青葉山公園として整備され、本丸跡とされる展望広場には伊達正宗公の騎馬像が仙台市内全貌を見渡せるようにたてられています。

青葉城址への入退場は自由にいつでも観光できますが、資料展示館は午前9:00から午後17:00(11/4~3/31は16:00まで)となり、受付時間は閉館の30分前までとなります。

また、日没~午後22:00までは石垣と伊達正宗公騎馬像がライトアップされるため夜景を楽しみに訪れるカップルなども多くいます。

夜に訪れる青葉城址は、山頂とは言っても市街地からそれほど離れてはおらず、駐車場や街灯も整備されている為、比較的安心して夜景を楽しむことが出来ます。

何と言っても独眼竜正宗の騎馬像がしっかり見守っているおかげもあってか、今まで治安の悪さで問題になった事は一度もありません。その為、心行くまで夜景を楽しんでくださいね。

青葉城址まで夜景を見に行く行き方!住所は?

青葉城址は、宮城県仙台市青葉区に位置し、毎年4月中旬頃から桜の名所としても有名な事から、夜には提灯が灯され、ライトアップなどもあり多くの観光客で賑わいます。

そんな青葉城址に訪れる場合は、市街地からのアクセスも良く駐車場も設置されている為、車の利用客も多いと言います。

さて、その行き方ですが仙台駅からだと約20分で到着できるので、ナビなどに「宮城県仙台市青葉区川内1番地」と住所を打ち込むだけで簡単に到着することができますよ。

仙台駅と青葉城址までの道は、ほぼ一本道でもあり、ほとんど迷う事はありませんが、初めて訪れると言う人の為にも詳しくご説明いたしましょう。

先ず、仙台駅前を通る青葉通りをまっすぐ進み、広瀬川にかかる橋を渡って交差点を左折すると、仙台駅から約10分で到着します。それでも迷った時は、青葉城址の「櫓」を目的に進むとほぼ大丈夫ですよ。

また、遠くからの場合は、東北自動車道の「宮城IC」で降りると約15分でアクセスが可能です。

スポンサーリンク

青葉城址からの夜景見学の駐車場

観光地に車で訪れる場合は、駐車場などが心配であり、特に山頂にある青葉城址に訪れる場合は、山の麓の方に車を止めてしまうと、そこから山道を歩く事になります。

しかし、青葉城址近辺には様々な見どころもある事から多くの駐車場が完備されており、特に青葉城址の本丸会館の駐車場は広く、約150台分もの車が止められます。

利用できる時間帯は、午前8:00~午後17:00までとなり、1時間までは400円(30分毎に200円加算)となります。しかし、午後6:00以降は無料で開放される為、夜景を楽しみに訪れる場合は、こちらの駐車場のご利用をおすすめします。

また、近くには護国神社もあり、こちらの駐車場は24時間開放されていますが、混雑することが多いので止める時間帯にご注意ください。

更に、少し離れてはいますが仙台市博物館の駐車場は、昼間でも無料で止める事ができますので、足腰の丈夫な方はこちらを利用することも良いでしょう。

このように、青葉城址に車で訪れる場合は、近隣にもお得な駐車場が多くある為、車でのアクセスが一番だと言われています。特に夜景を楽しむ場合は、無料で開放される駐車場が多い為、便利ですよね。

ただ、桜の季節などは混雑することもあり護国神社などの場合も混雑すると言うことなので事前に調べるか、早めのご訪問をおすすめ致します。

まとめ

仙台に位置する青葉城址は、現在は青葉山公園となって整備されていますが、当時の石垣や広場には伊達正宗の騎馬像がたてられており、訪れる度に歴史ある城跡であること感じさせられます。

そして伊達正宗公の目の先には仙台の市街地や仙台港までが一望でき、まさに仙台を守る守護神と言えるほどの偉大さがこの騎馬像には溢れていますよね。

春になれば桜が満開になり、特にライトアップされた夜桜に包まれた伊達正宗公の騎馬像は迫力満点であり、共に素晴らしい夜景を見に来る観光客が多い事に納得ができますよね。

今回の事をまとめると以下の通りです。

・青葉城址の夜景、治安はどうですか?

日没~22時までは石垣と伊達正宗公騎馬像がライトアップされ、近くのレストランも22時までオープンしている為、安心して夜景を楽しむことができます。

・青葉城址までの行き方や住所

仙台駅から青葉城址まではほぼ一本道なので迷う事はありませんが、「櫓」を目的に向かえば更に分かりやすいです。住所は、宮城県仙台市青葉区川内一番地なので、車のナビに入力すれば簡単です。

・夜景を見るのに駐車場は何時まで利用できる、また混雑状況は?

青葉城址の本丸会館駐車場は、150台分の駐車スペースがあり、午後6時以降は無料で開放される。また、護国神社の駐車場は、24時間無料で開放されるが、混雑することが多い為、早めに訪れる事が良い。青葉城址は桜の名所としても知られており、その時期は混雑する為、訪れる場合は注意が必要です。

以上、青葉城址の夜景見学においての治安や車でのアクセス方法、また駐車場などについての解説でした。

ニッカウヰスキー仙台工場のお土産のおすすめや限定品!売店の営業時間は?

榴ヶ岡公園の桜の見ごろはいつ?ライトアップの時間や屋台情報!

スポンサーリンク