仙台七夕祭りの飾りはいつからいつまで飾られる?確実に見られる日時は!

仙台七夕祭りと言えば、東北三大祭りの一つとして有名であり、毎年のように200万人を超えるほどの観光客で賑わいます。

東北地方の夏祭りの開催期間は、ほとんどが8月上旬に集中しており、観光をする場合は計画が立てやすい事から青森のねぶた祭りを見学した後、秋田の竿灯を見て、最後は宮城の七夕祭りを見学して終わると言う人が多いようです。

その為、七夕祭りの飾りがいつからいつまで飾ってあるのかが気になりますよね。そこで今回は、仙台七夕祭りの飾りを見られる期間と時間外で見られる所についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

仙台七夕の飾りはいつから見れる?何時から?

東北三大祭りとして知られる仙台七夕祭りは、仙台藩主伊達正宗公の時代から続く伝統行事として今現在も受け継がれており、五節句の一つ「七夕」に因んで毎年行われています。

しかし、七夕と言えば本来は旧暦7月7日の行事として全国に広まったことですが、仙台七夕祭りが行われるのは8月上旬です・・・「いったい何故?」と、思われる方に少しだけお教えしますと・・・

仙台七夕祭りでは季節感に合わせる為、新暦に1ヵ月足した暦の中歴を用いて現在の8月6日から8日までを開催期間にしたと言います。その為、特に深い意味合いは無いようですが、東北の短い夏を締めくくる祭りとしては無くてはならない行事でもあります。

東北の三大夏祭りは8月上旬に集中している事から、観光する場合は計画が立てやすく、迫力のある青森のねぶた祭りで一気に熱くなり、秋田の竿灯祭りを見てそのダイナミックな妙技に圧倒され、そして最後は仙台七夕祭りの彩り豊かで豪華絢爛な吹き流しを見て心癒される・・・と言うように、短い東北の夏に終止符を打つ役目をしてくれます。

その為、是非一度は見ておきたい祭りの一つですが、毎年新しく手作りされる笹飾りのデザインは企業秘密にもなっており、本格的に飾られるのは8月6日の当日で午前8時から始まり10時には完了するように進められています。

ただ、駅前や人の出入りの多い建物内などは、それよりも数日前から簡単な吹き流しなどが飾られていると言う事なので期間前でも見る事は出来ますよ。

仙台七夕祭りはいつまで見れる?何時まで?

仙台七夕祭りと言えば毎年200万人を超えるほどの観光客で賑わうため、小さな子供さん連れでの見学では、観光客の中に紛れやすい事もあり厳しいですよね。

しかし、祭り期間で言えば一番多い人では最初の2日間くらいと言われている事から、ゆっくり見られるのは最終日あたりが良いと言えます。

その為、祭りの期間が8月6日、7日、8日の3日間なので、8月8日の10時~21時までに見学すると空いているかもしれませんね。また、8日は竹飾りを片付ける日でもあり、その作業は午後21時頃から始まり21時半までには全て撤去されてしまいます。

中には、おろした竹飾りを間近で見られる為、この日を心待ちにしている観光客もいると言う事です。

七夕飾りを見られる期間は以下の通りです。

  • 8月6日~7日(10時~22時)
  • 8月8日(10時~21時)
  • 8月8日(21時以降は撤去)

スポンサーリンク

仙台七夕祭りの時間外で飾りが見れるところは?

仙台七夕祭りは場所によって時間が前後する所もあり、中心部商店街では8月6日~7日まで、10時~22時。最終日の8日は、10時~21時までです。また、周辺商店街では、8月6日~8日まで10時~18時までですので、18時を過ぎた場合は中心部商店街で見る事ができます。

しかし、七夕飾りは商店街ばかりではなく勾当台公園市民広場(おまつり広場)でも見る事ができます。おまつり広場では、各種ステージやイベントなども行われており、更には宮城の食材を使った仙台の有名グルメも楽しむことができますし、七夕食堂には多くの店舗が出店し仙台名物牛タンも堪能出来ます。

時間的には8月6日~8日まで10時~21時まで開催されているので商店街で見られなくてもおまつり広場に来れば美味しい食べ物と吹き流しの両方を楽しむことができますし、七つ飾り作成体験や短冊記入コーナーなどもあり楽しみ方はいろいろ様々です。

また8月5日の前夜祭では、七夕飾りは見られませんが、仙台西公園周辺では19時~20時30分まで迫力のある花火祭りも行われます。昔は、商店街などの七夕飾りを見上げて歩くだけのお祭りでしたが、年々その様子はグレードアップしており、様々な楽しみ方も出来るようになりましたよね。

小さな子供さんを連れて見学する場合は、こちらの方が楽しめるのではないでしょうか。

まとめ

伝統行事として伊達正宗公の時代から続いているとされる仙台七夕祭りですが、東北の三大祭りの一つと並び色鮮やかな吹き流しや七夕飾りが、見る人の心を癒してくれます。

また、奇麗だけでなくスケールも大きなもので、大小3千本以上もある七夕飾りが街中を彩り、観光客に感動も与えてくれます。

そんな仙台の七夕祭りは、8月5日の前夜祭の後、8月6日~8日まで開催され、当日飾り付けられた七夕飾りは10時~22時(6日・7日)まで見る事ができ、8日は10時~21時頃まで飾られた後に撤去されます。

また、まつり広場では様々な店舗も出店し仙台の美味しい食べ物を堪能することもできるので、今年の夏は是非訪れてみてはいかがでしょうか!

以上、仙台七夕祭りを見られる期間と時間外で七夕飾りを見られる所についてでした。

青葉城址の夜景が見たい!行き方と駐車場について

ニッカウヰスキー仙台工場の見学!アクセスはバスで試飲も出来るよ!

スポンサーリンク