仙台七夕祭りに浴衣で行くのはどう?レンタル出来るところはココ!

夏のお祭りと言えば、浴衣姿が連想されますが、前夜祭の花火大会などは会場が浴衣姿の人で一杯になるほどですよね。特に東北の夏は、朝、夕は比較的風もあり日中よりも涼しい事から浴衣姿でお祭りを見物する人は多く見受けられます。

しかし、日中の混雑する中、七夕飾りを浴衣姿で見学するにはどうでしょうね?そこで今回は、仙台七夕祭りを見学する際、浴衣姿の人は多いのか?昼間から浴衣を着ても大丈夫か、また、浴衣のレンタルが出来るところについてのお伝えします。

スポンサーリンク

仙台七夕祭りは浴衣の人は多いですか?

浴衣は昔、湯上りに着用する室内着として着用されたものでしたが、近年では浴衣の柄や素材の変化などから夏のお祭りや花火大会などに着られるようになりましたね。

確かに、以前の浴衣は藍色や地味で目立たない物が多く、入院患者が着ると言うイメージがありましたが、現在では夏の祭りの風物詩にもなり可愛らしい柄がたくさんあるので着てみたいと思う人も多いと思います。

仙台では七夕祭りの期間中、前夜祭を含む8月5日~8日までを、お客様に対する「おもてなし」活動の一環として全社員が浴衣を着て仕事をしているところもありますよ。

その為、七夕期間中の浴衣姿は特に違和感がなく、逆に見る側としては風流な感じもあり涼しげで好感が持てます。

特に最近では、古風な感じを大切にする若者が増えており、また外国人なども日本古来の文化に興味を持つ人も多く、浴衣に興味を持っている人は多いですね。そんな事から、仙台七夕祭りに浴衣を着る人は多いので違和感なく着ていけますよ。

仙台七夕祭りに早い時間から浴衣で出かけても大丈夫?

仙台七夕祭りは、8月6日~8日の3日間開催され、竹飾りの飾りつけも6日当日の早朝から始まります。また、お祭りが始まる時間帯は、10時頃から21時頃までなので、お昼時が最も混雑する時間帯になります。

その為、一番混雑するお昼時の・・・、しかも一番暑い時間帯に浴衣姿で七夕飾りを見ながら歩くのは大変だと思います。見る側としては涼しげな感じもしますが、着ている本人は窮屈感もあり暑さで熱中症などが心配にもなります。

その為、仙台七夕祭りを浴衣姿で見学するのは、日中より涼しいとされる早い時間帯が良く、混雑する頃になったら近くのカフェなどで涼む事も出来ます。また、早い時間だと竹飾りの飾りつけや竹を立てるところから見る事が出来る為、普通では見られない感動も味わう事が出来ますよ。

スポンサーリンク

仙台七夕祭りに浴衣のレンタルが出来るところ

仙台夏祭りは、前夜祭を含めて8月5日から8日まで開催されており、観光客の中にも浴衣姿で見学する人は増えています。特に、前夜祭の花火大会には仙台市民も多く集まる為、西公園は浴衣姿の人で賑わいます。

仙台七夕夏祭りは、彩豊かで豪華絢爛な竹飾りを見ながら歩きますが、それだけでなく、仙台市民広場(まつり広場)では多くの屋台も出店しており、仙台の食材を使ったご当地グルメなどを堪能することができます。

また、子供たちを交えながらの七つ飾り作り体験や短冊を記入するコーナーも人気があり、コンサートや楽しめるイベントがたくさんあります。

その為、中には日中の暑い時間帯は涼しい服装で七夕飾りを見学し、花火大会や夜行われているイベントなどの見学には浴衣姿で見学したいと言う人もいるので、浴衣のレンタル業の情報が気になるところですね。

仙台で浴衣をレンタルできるところは以下のような場所です。

みやこもん(楽天市場店)

日本全国どこでも配達が可能で、コンビニでも自宅でもどちらでも受け取り、返却が出来ます。
料金は、7,800円~

通販 和楽庵

250点の種類から選べるので、お気に入りの浴衣がみつかります。

料金は、11セットで9,800円

レンタル期間は5泊6日と長く返却も2日と余裕がある為、七夕祭りの期間中利用することも出来ます。また、クリーニングが不要なので、そのまま返却する出来るところも便利ですよね。

通販 和楽庵はこちら

キモノ・レゾンデートル

種類は60点の中から選べます。

料金が、4点セットで3,980円とリーズナブルで、返却は商品到着後から3日間です。

キモノ・レゾンデートルはこちら

ハタオリ

かなりおしゃれな浴衣が揃っているので、こだわりのある方は自分の希望する浴衣が見つかるかも!

料金は、7,800円~、返却は利用日の翌日です。

そしてこれら全てがネット予約が出来ると言う事なのでお早めに!

ハタオリはこちら

サロンド・シロー

また、仙台市のサロンド・シロー(シローの店)では、一気通貫で祭り会場で着付け、レンタル、ヘアアレンジ全てを行うため、移動する必要がありません。

料金も1万円とリーズナブル!着付けとレンタル店が一緒になっていると、浴衣を持ち歩く必要もないので便利ですよね。

前夜祭に行われる花火大会を浴衣で観覧し、次の日は涼しい服装で七夕祭りを楽しむ・・・と言う事も良いですし、逆に日中を涼しい服装で七夕祭りを見学したあと、夕刻から浴衣姿でまつり広場のイベントを楽しむ・・・と言う事も出来ますよね。

この他に仙台駅前には沢山の浴衣レンタル業者もあり、店内で浴衣を選ぶ事も出来ますし、サロンなどはヘアーメイクもできるので素敵な浴衣美人にしてくれると思いますよ!

まとめ

日本人である以上、一度は浴衣を着て見たいと思う人は多いのではないでしょうか!特に最近の浴衣は可愛い柄やデザインも豊富なので、自分に合った浴衣が簡単に選べます。

また、浴衣をレンタルすることもできるので、花火大会や夕方から行われるコンサートや様々なイベントなどを浴衣姿で楽しむことも出来ます。

料金も比較的リーズナブルなのでお得感もありますよ。今年の夏こそ浴衣を着て仙台七夕を楽しんでみてはいかがでしょうか!

以上、仙台七夕祭りを見学する際、浴衣姿の人は多いですか?また、浴衣をレンタルできるところはある?についての解説でした。

仙台七夕祭りの勾当台公園に屋台は出店する?営業時間やおすすめメニュー!

仙台七夕祭りの飾りはいつからいつまで飾られる?確実に見られる日時は!

スポンサーリンク