初盆の案内状は送る?送らない?例文は?お返しは準備する?

© Copyright 2010 CorbisCorporation

始めて迎える初盆。

何もわからないことばかりの初盆は準備が大変ですよね。

宗教や地域によってしきたりが違っていたり、また、その家の風習によっても違ってくることもあります。

近いご身内の方やご長老様に尋ねるのが一番なのでしょうが、

ここでは、一般的な初盆を迎えるにあたって 案内状を送るのか?参考になる例文、お返しについて調べてみました。

スポンサーリンク

初盆の案内状は送る?送らない?

初盆の案内状は送らないのが 一般的のようです。

初盆は亡くなられた方の霊が始めて家に帰ってくると云われ、いつもより丁寧にお迎えをします。

初盆の所は お参りのお客様も多くいろんな準備があります。

しかし、お参りに来られる方は案内状が届かなくてもお盆になると お参りに来られます。

わざわざ、案内状を送らなくてもいいですね。

お参りしたい。という 相手方の気持ちでお参りに来られるので、案内状が届かないから行けない。

なんてことは思われないでしょう。

しかし、会食など 前もって人数を把握しなければいけない時は 出欠の確認ができる方がいいですよね。

電話で連絡を取り合うところが多いですが、案内状を出して出欠の確認をお願いしてもいいですね。

私の母の初盆の時は、母の兄弟、父の兄弟、子供家族が集まり、会食しました。

この時は、電話でみんなが集まる日時を確認しあって初盆を迎えました。

その他の、母や父の知人はお盆近くに それぞれお参りしていただきました。

初盆の案内状の例文は?

会食の準備などの都合上、初盆の案内状を送ったほうが良い場合

どのような文面にすれば良いのでしょうか?

例文をご紹介します。

拝啓

暑さも厳しい折ですが、皆様方には益々の御健勝のこととお慶び申し上げます。

さて、来る8月◯◯日に亡き◯◯◯◯の 初盆法要を営むことになりました。

暑い中誠に恐縮ではございますが、ご参列頂ますようご案内申し上げます。

敬具

平成◯◯年◯月◯日 午前◯◯時より

場所  ◯◯

尚、その後粗餐をご用意致しております。

平成◯◯年◯月◯日
住所 ◯◯◯
電話  ◯◯ー◯◯◯◯ー◯◯◯◯
氏名 ◯◯ ◯◯

※お手数ですがご都合のほどを◯月◯日までにご一報下さい。

このような文面で、出欠の返事を頂きたい場合は往復はがきで送るほうがいいですね。

スポンサーリンク

初盆のお返しは準備する?

初盆の時は 沢山の方がお参りに来られます。

ですので、前もってお返しの準備をしておくのが良いでしょう。

初盆のご仏前やお供え物のお返しは 半返し、又は3分の1程度でいいでしょう。

一般的に 1000円~2000円程度の日用消耗品などをご用意されているところが多いですね。

夏場なので、そうめんも多くみられますね。

その他、タオルや海苔もいいですね。

まとめ

初盆の案内状は 送らないのが一般的ですね。

但し、会食の場を用意されるのであれば 出席して頂く人数の把握をしないといけませんので

案内状を出して出欠の有無を前もって確認されるといいでしょう。

その際、往復はがきで送るといいですね。

初盆には お参りに来られる方も多いです。

お参りのお客様へのお返しも準備しておくといいでしょう。

一般的に 1000円~2000円くらいの日用消耗品などが多くみられます。

初盆は故人がはじめて自宅に帰って来る日です。

家族親戚みんなで 故人をお迎えしてあげると喜んでもらえるのではないでしょうか。

スポンサーリンク